« メロディに込めるもの | トップページ

2019/03/23

カセットオーディオ

ちょっとしたワケありで、20数年前のカセットテープ音源をデジタル化しようと思ったのだが、手元に3台(も持ってる事自体がマニアック過ぎるんだぜ😜)あるカセットデッキが全て動かなくなっていて、どーしたもんかとあれこれ思案した挙げ句、ひとまず一番信頼性が高そうなデッキを自己修理できるか試してみよう、ってことに。

そう云えば巷にソニータイマーとか言う言葉があるようだが、ウチのSONY製品群は概ね長寿なんだよね~
ポータブルオーディオみたいに無理やり狭いところにメカを押し込んでるような奴はともかく、フツーのAV製品はとにかく壊れない。
今回お相手のカセットデッキ「TC-K55」も、1979頃の発売なのでな、なんと40年も経過してるのだ。
たしか購入後5年後くらいに一度修理してる(確か基板上のリレーの交換だった)が、
メカ部分はモーター、ベルト、プーリー等すべて無交換❗ 凄くね❓
しかしここ10年以上まともに使ってなかったら、とうとう再生ボタン押してもヘッドユニットが動かなくなってしまい、放置していたのだが、FF/REWは動くしキャプスタンも回転してるので、モーターとメインのベルトは健在と思われる。
細いベルトなら互換品でなんとかなるし、プーリーの割れとかも場合によっては直せるかも知れない。
どんなもんかいな、とこれまたン十年ぶりにボンネットを開けてみると‥

1:メインの低速駆動モーター
2:FF/REW専用の高速モーター
3:キャプスタン
・・・はいずれも正常。
4:の半周だけ溝が切ってある特殊な歯車が回転しないのが不具合の原因と判明した。
SONY TC-K55
試しに指でちょいと押してやるとちゃんと動くなぁ‥なんだこれ❓❓❓
‥としばし考え込んでいたが、実はグリースが固まって動きにくくなってるだけなんじゃねーのか?という気がしたので、軸まわりに5-56を軽く注油して何度かグリグリしてやったところ‥
やっほ~ぃ‼ あっさり復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

久しぶりに中を見たけど、銅板を貼った電源トランス、オーディオ部分と電源/メカ制御部に完全に分離された基板配置、決してハイエンドクラスでは無いんだが、メイドインジャパンの面目躍如、みたいな作りだ。

さて、肝心のサウンドはどうじゃろ❓❗
SONY TC-K55
うん❣ 音質も特に劣化してる感じは無いなぁ♫ カセット、というかアナログなので多少のヒスノイズは仕方ないしダイナミックレンジはラジオ並に狭いけれど、気になるほどの歪っぽさも感じないし、周波数帯域も狭いなりにバランスが取れてて、悪くないね!下手に圧縮されたmp3なんかより気持ちいいかも、と思う程だ。
それと、記録媒体としてのカセットテープのポテンシャルだよね❣ まぁこれはデジタルの世界で磁気テープが進化し続けてるのを見ても納得だと思うけど‥

というわけで見事に再稼働してくれたTC-K55でアナログ音源のデジタル化に無事成功しましたとさ🎶

|

« メロディに込めるもの | トップページ

上物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メロディに込めるもの | トップページ